コラムColumn

2021年10月31日

帯状疱疹とワクチン

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは

子供のころにかかった水ぼうそうのウイルス(VZV)は、治った後も一生、脊髄神経のなかに潜伏しています。このVZVが加齢、ストレス、悪性腫瘍、免疫低下などをきっかけとして再活性化し、神経節に沿って現れたものが帯状疱疹です。

成人はほぼすべての方が水ぼうそうにかかったことがあるため、帯状疱疹にかかる可能性があります。特に、50歳以上の成人がかかりやすく、80歳までに3人に1人が発症するといわれています。

 

症状・経過

顔または体の片側の神経支配領域に沿って帯状に痛みを伴う水ぶくれが出現します。ピリピリとしたかゆみや痛みが発疹が出る前に2-3日続きその後水ぶくれを伴う発疹が出現。3-5日かけて水ぶくれが増えていき、10-15日かけてかさぶたになって治ります。皮膚病変が正常化するまでは1か月程度かかります。


Copyright © 2006, John Pozniak

身体中どこにでも起こることがあり、顔面に起こった場合は顔面神経麻痺や目・耳の障害につながることもあります。重症化した場合は入院が必要です。

水ぶくれが破れた場合、そこから出る滲出液にはウイルスが含まれているため、水ぼうそうにかかったことのない人が触れると水ぼうそうに感染してしまいます。(接触感染)小さいお子さんがいる場合は傷に触らせないようにしましょう。

10-20%の患者さんで皮膚病変が治った後も痛みが残ると言われており、「帯状疱疹後神経痛」(PHN)と呼ばれています。長引く痛みは生活の質(QOL)を低下させます。

 

治療

帯状疱疹と診断したら、痛み止めと抗ウイルス薬を飲みます。なるべく早く抗ウイルス薬(バルトレックス®、ファムビル®、アメナリーフ®)を内服することで発疹や痛みが早く治ると言われています。

皮疹が出て3日以内(遅くとも5日以内)に治療を開始するとより効果が高いため、帯状疱疹かな?と思ったらなるべく早く受診しましょう。(内科または皮膚科)

 

予防方法

水ぼうそうにかからなければ帯状疱疹にはならないため「水ぼうそう(水痘)にかからない事」が一番です。2014年10月から水痘ワクチンが定期接種(2回)になり、それ以降に出生したお子さんでは水ぼうそうにかかる方が激減しています。それ以前の方でも、まだ2回打っていない方(かつ、水ぼうそうにかかったことのない方)はなるべく早めに打ちましょう。

帯状疱疹を予防するワクチン

水ぼうそうにかかったことのある方は、帯状疱疹を予防するためのワクチンがおすすめです。現在日本で使えるワクチンは2つ(生ワクチン、不活化ワクチン)あります。

どんな人にお勧め?
・水ぼうそうにかかったことのある50歳以上の全ての方におすすめします。
・帯状疱疹は約6.4%に再発が認められるため、帯状疱疹にかかったことがある方の再発予防としても有効です。

水痘ワクチン(生ワクチン)について
・値段:11000円(組合員価格:8800円)
・接種回数:1回
・効果:帯状疱疹にかかる人を51%(60-69歳で63.9%70歳以上で37.6%)減らします帯状疱疹後神経痛を67%減らします。高齢になるほど効果が下がるようです。
・副反応:はれ、痛みなどの一般的な副反応以外に、1-3週間後に発熱、3-5%に水ぼうそうににた発疹が見られることがあります。日常生活に支障が出るほどの副反応は1%以下です。
・禁忌:生ワクチンのため、妊娠中の方、免疫不全状態(免疫抑制剤の内服中など)の方は打つことができません。

 

帯状疱疹ワクチン(シングリックス®:不活化ワクチン)について
・値段:
1回目:22500円(組合員価格20500円)
2回目:19000円(組合員価格21000円)
・接種回数:2ヶ月あけて2回
・効果:2回の接種による帯状疱疹の発症予防効果は、90-97%また帯状疱疹後神経痛の減少率は、85-100%いずれも高い効果が認められています。
・副反応:臨床試験の結果では、痛みや腫れなどの局所性(注射部位)の副反応が80.8%に認められました。全身性の副反応は64.8%に認められ、主なものは筋肉痛(40.0%)、疲労(38.9%)、頭痛(32.6%)発熱(20.5%)でした。他のワクチンに比較して局所性副反応の頻度は高いですが、いずれも3日前後で消失することが分かっています
・禁忌:ワクチンの成分にアレルギーのある方、ギランバレー症候群にかかったことのある方は打つことができません。

院長からのコメント:

最近、帯状疱疹にかかる患者さんが増えている印象があります。
水ぼうそうが流行しなくなり、ウイルスに触れる機会が減ったため、抗体が下がっている人が多いのかもしれません。
多くの方は痛み止めと抗ウイルス薬の内服により1ヶ月程度で治ります。しかし中には、痛みが長引き、ペインクリニックに通っている方もいます。みなさん年をとってからの痛みは本当つらいとおっしゃいます。2020年1月に発売された不活化ワクチンは、局所の痛み、だるさなどの副反応はありますが、効果が高くみなさんにお勧めしたいです。

私も50歳になったらすぐに打とうと思います。

 

参考URL:

こどもとおとなのワクチンサイト
https://www.vaccine4all.jp/

帯状疱疹ワクチン:ファクトシート
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000185900.pdf

国立感染症研究所「水痘・帯状疱疹の動向とワクチン」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/varicella-m/varicella-iasrtpc/8223-462t.html