コラム一覧Column List

2020年01月9日

今回はワクチン特集!~やっぱり打とう!HPVワクチン

◆中学生、高校生の女の子へ~やっぱり打とう!HPVワクチン

ヒトパピローマイウイルス(HPV)は子宮頚がん(けいがん)の原因になると言われています。日本では毎年約10000人が子宮頚がんを発症し、約2700人が亡くなっています。特に20~40歳代の若い患者さんが多いのが特徴です。

HPVは広くまんえんしているウイルスで、性交渉を行う女性の約8割が一生に1回はかかると言われています。HPVに感染した人のうち10%で感染が長期化し、それによって子宮の入り口(子宮頚部)の細胞が徐々に変化し、前がん病変になったあと、数年かかってがんになると言われています。HPVワクチンは100種類あるウイルスのうち、がんを起こしやすい16型と18型に対する抗体を作り、このウイルスにかかるのを防いでくれます。その結果、ワクチンを打っている国では子宮頚がんの前がん病変が減ってきています。

厚労省リーフレットHPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ より

続きを読む

2020年01月9日

7月1日から当院の外来で禁煙治療が受けられるようになります

画像をクリックすると全文確認できます♪

column_20200109のサムネイル

2020年01月8日

風邪の時の過ごしかた

こんにちは。鹿浜診療所の所長の平山陽子です。2歳と7歳の子育てをしながら「家庭医」をやっています。
このコラムでは、育児にちょっと役立つ健康にまつわるお話を書いて行きます。気軽にお読みください。

 

そもそも風邪ってなあに?

のどの痛みから始まって、鼻水、せき、熱が出る風邪。赤ちゃんの頃からくり返しかかってパパママを悩ませる風邪の正体は「ウイルス感染」です。世の中には無数のウイルスがありますが、赤ちゃんはまだそれらに対する免疫がないのでなんどもなんども風邪を引きながらだんだん強くなっていきます。診断方法の進歩により「インフルエンザ」「アデノ」「RS」など風邪にも色々な名前がつくようになって来ましたが、昔は全て「風邪」とひとくくりにされていました。

風邪に抗菌薬(抗生物質)は効きません

昔はよく風邪に対して抗菌薬(抗生物質)が出されていました。しかし、抗菌薬は「細菌」をやっつけるお薬で、そもそもウイルス感染である風邪には効きません。日本では不必要な抗菌薬が長年風邪に処方されて来た歴史があり、そのために抗菌薬が効かない菌(耐性菌:たいせいきん)が広まって問題になっています。また、抗菌薬にはアレルギー反応や下痢など、副作用が出る可能性があります。気軽に飲んで良いお薬ではありません。

医師は外来でお子さんをみる時、「抗菌薬が必要な病気かどうか」(コラム1参照)をいつも見定めています。

続きを読む